栄養を逃さずじゃがいもの皮を簡単綺麗に剝く方法

調理の豆知識

じゃがいもの栄養を損なわず、簡単に皮むきができる方法をお伝えします。

手順①
じゃがいもの皮に切り込みを入れながら包丁を一周させる。

手順②
じゃがいもを水から茹でて、中まで火が通ったら取り出します。※沸騰してから15分~20分が目安。
包丁の切り込みがくっきりと浮かび上がってきます。

じゃがいものビタミンCは主成分であるでんぷん質に守られているので、熱に強く壊れにくいと言われています。皮のまま茹でることでさらに流出を防ぎ、栄養を保つことができます。

手順③
切り込みに対して十字に浅く包丁を入れます。

手順④
十字の角をつまんで皮をめくります。

皮が熱い時は氷水に10秒ほど浸けてから剥くと楽ですよ。

キレイに剥くことができました。

電子レンジを使う場合は、手順①のあとにじゃがいもをラップで包み、600wレンジで3分温めてください。取り出した後は手順③④と同じです。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP