ピリ辛がクセになる『椎茸の含め煮』

腸活・免疫力アップ

ごはんのお供に最高のピリ辛がクセになる椎茸の含め煮レシピです。椎茸にはがん予防に効果的なβグルカンや血圧抑制効果があるエリタデニン、免疫力を高めるビタミンDやLPSなどの成分が豊富に含まれています。

材料と作り方 

【材料】
・椎茸:100g
・輪唐辛子:少々

A(まぜておく)
・めんつゆ(3倍濃縮):大2(36g)
・粗糖:大1/2(4.5g)
・料理酒:大1/2(7.5g)
・水:1/2カップ(100g)

【作り方】
手順①
椎茸の軸を切り、傘に十字の切り込みを入れる。
鍋に椎茸を並べて、Aを注ぎ、火にかける。

手順②
①が沸騰したら落し蓋をして中火で10分煮る。
椎茸につやが出て、Aのつゆがとろりとしたら完成。

使用している調味料 

・料理の基本つゆ(おとな食堂®)
・さらさら粗糖(創健社)
・料理のための清酒(宝酒造)
・雲南唐辛子(ハウス食品)

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP