【GW中に食べ過ぎた人へ】デトックス効果の高いおすすめの食べ物10選

カラダコラム

ゴールデンウィーク(GW)は、楽しいイベントや旅行が目白押しで、つい食べ過ぎてしまいますよね。しかし、食べ過ぎは体調不良や肥満の原因にもなります。そこで、今回は食べ過ぎた人におすすめの、デトックス効果の高い食べ物を10選ご紹介します。これらの食材を積極的に摂取することで、体内の毒素を排出し、体調を整えましょう。

デトックス効果の高いおすすめの食べ物10選

1.レモン
レモンはビタミンCが豊富で、抗酸化作用があります。
また、レモンに含まれるクエン酸が、肝臓の働きを助け、解毒作用を促進します。
朝食前にレモン水を飲むことで、デトックス効果が期待できます。

2.アボカド
アボカドには、血中コレステロールのリスクを下げてくれる脂肪酸=オレイン酸が豊富で、食物繊維のバランスも理想的で腸活~デトックス効果に最適な果物です。
また、抗酸化作用のあるビタミンEも多く、肝臓の解毒作用を助けます。
イチ押しはアボカド+納豆の組み合わせ。
納豆が苦手な人は、サラダやスムージーに加えて食べると、美味しくデトックスができます。

3.にんにく
にんにくには、アリシンという成分が含まれており、血液サラサラ効果をはじめ、抗酸化作用や抗菌作用があります。
また、アリシンは、肝臓の解毒酵素を活性化し、体内の毒素排出を促進します。
にんにくを料理に加えるだけで、デトックス効果が期待できます。

4.ほうれん草
ほうれん草は、ビタミンやミネラルが豊富で、抗酸化作用があります。
また、食物繊維が多く含まれており、腸の働きを整え、便通を促します。
ほうれん草は、胡麻和え、サラダ、炒め物、スムージーなど、さまざまな料理で楽しめます。

5.りんご
りんごは、ペクチンという食物繊維が豊富で、腸内の毒素を吸収し、排出を助けてくれます。
また、ペクチンは善玉菌のエサにもなるので、体の免疫力アップにも役立ちます。
その他にもペクチンには、リンゴ酸やクエン酸が含まれており、肝臓の解毒作用を促進してくれます。

6.もち麦
もち麦には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
特に、ビタミンB群は、肝臓の解毒酵素を活性化し、毒素排出を促進します。
白米にもち麦を加えることで、デトックス効果を実感できるでしょう。


7.ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えてくれます。
善玉菌が優位の腸内環境をつくることで悪玉菌が減り、便通が改善されます。
また、ビタミンB群も豊富で、肝臓の解毒作用を助けます。
ポイントは、必ず無糖のヨーグルトを選ぶこと。
砂糖などで味付けされたヨーグルトは善玉菌の活動低下につながる可能性があります。

8.緑茶
緑茶には、カテキンという抗酸化作用のある成分が豊富に含まれています。
カテキンは、肝臓の解毒作用を助け、体内の毒素排出を促します。
また、緑茶に含まれるカフェインが、利尿作用を促し、デトックス効果を高めてくれます。

9.キャベツ
キャベツには、グルコシノレートという成分が含まれており、解毒酵素の働きを助けます。
また、食物繊維も豊富で、腸の働きを整え、便通を促します。
水溶性のビタミンCも含まれているので、サラダや炒め物だけでなく、味噌汁やスープの具材に使うことで、栄養を無駄なく取ることができます。

10.わかめ
わかめには、アルギン酸という成分が含まれており、腸内の毒素を吸収し、排出を助けてくれます。
また、ヨードやミネラルが豊富で、新陳代謝を促し、デトックスに効果的。
わかめの食べ方で一押しは「酢の物」。
有機酸のはたらきを合わせることで、さらにデトックス効果を高めることができるでしょう。

まとめ

食べ過ぎたゴールデンウィークを過ごした人にとって、デトックス効果の高い食べ物は大変重要です。
上記でご紹介した10種類の食材は、それぞれがデトックス作用を持ち、体内の毒素を排出し、体調を整える効果があります。

普段の食事にこれらの食材を取り入れることで、過食による肥満や体調不良を改善し、健康的な体を取り戻すことができるでしょう。
そして、健康的な生活を送るために、バランスの良い食事や適度な運動を続けていきましょう。

デトックス食材は、新陳代謝も活発になり、ダイエット効果も期待できます。
食べ過ぎたGWを乗り切るためにも、ぜひ、これらの食材を日々の食事に取り入れ、デトックス効果を実感してください。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP