越前小京都の有機純米酢

おすすめ食品レビュー

酒づくりからはじめる数少ない蔵元がつくる、まろやかな風味のお酢です。

市場に流通する大半のお酢は醸造アルコールを主体に造られたものがほとんどですが、「越前小京都の有機純米酢」は、伝統的な三段仕込み製法で旨味豊富な酒造りから行われています。
出来上がった酒を蔵で植え継ぐ酢酸菌を用いて、酒のアルコール分を少しずつ酢酸に変化させる、昔ながらの静置発酵法で仕上げているそうですが、すべての酒が酢に変わりきるまでの期間はおよそ3ヶ月。
自然の力のみで発酵を進めているからでしょうか、一般的な酢よりもまろやかで米酢特有の「ムレ臭」も感じません。
その味から手間暇を惜しまないモノづくりの大切さがうかがい知れます。
おとな食堂の惣菜づくりでも、随所にこのお酢を使用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

創健社 越前小京都の有機純米酢(500ml)
価格:451円(税込、送料別) (2023/5/2時点)


原料米と仕込水のこだわり

原料は、福井県大野市にある醸造元が自社栽培した有機栽培米と、石川県の協力農家の有機栽培米のみ。
仕込み水には、名水百選に選ばれた御清水で有名な福井県大野の地下天然水が使用されています。

酢は健康を支える一番大切な調味料

皆さんは毎日酢をとる習慣をお持ちでしょうか。
食の欧米化が進む中で、お酢は健康長寿を支える一番大切な調味料ですので、毎日大さじ1杯(15g)を目安に料理に取り入れるように心がけてください。
お酢の健康効果は大きく分けて3つ。

その1.ミネラルの吸収を助ける。
カラダの機能を支えるミネラルは、粒子が粗くそのままでは吸収されにくいのですが、お酢にはミネラルを水に溶けやすい形にして、カラダへの吸収を助けるはたらきがあります。

その2.腸内の悪玉菌の活動を抑制する。
カラダの免疫力を左右する腸内において、悪玉菌はあらゆる病気の根源となりえますが、お酢にはその活動を抑制するはたらきがあり、善玉菌優位の環境づくりに役立ちます。

その3.乳酸の分解をサポートしてくれる。
カラダが疲れた時、疲労物質として筋肉に乳酸がたまりますが、お酢には乳酸を分解して疲労回復をサポートするはたらきがあります。

その他にも、血糖値や血圧の抑制効果や通風予防など、健康を支える効果がいくつもありますので、健康が気になる方は、毎日大さじ1杯の「越前小京都の有機純米酢」から始めましょう。

魚介+越前京都の有機純米酢でミネラル補給の習慣を

ミネラルの豊富な魚介類と越前京都の有機純米酢を合わせることで、手軽にミネラル補給ができます。
「おとな食堂®料理の基本つゆ=2」:「越前小京都の有機純米酢=1」で簡単に三杯酢がつくれますのでぜひお試しください。

アレルゲン

越前小京都の有機純米酢にアレルゲンは含まれていません。

原材料と栄養成分

【原材料】
有機栽培米(国産)
酸度:4.5%
内容量:500ml

【栄養成分表示】(100gあたり)
・エネルギー17kcal
・タンパク質0.5g
・脂質0.1g
・炭水化物0.4g
・食塩相当量0g

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

創健社 越前小京都の有機純米酢(500ml)
価格:451円(税込、送料別) (2023/5/2時点)


ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP