保険

思考日記

生命保険やがん保険。
みんな自分の身に何かが起こった時のために保険をかけている。
なのになぜ、病気にならないために「体に良い食事」という保険を掛けないのだろう。
つまり、健康でありたいと願うことは後天的な欲求で、人はまず美味しいものを食べたいのだ。
美味しくて体に良い食べ物はたくさんあるが、多くの人はリスクの高い嗜好品に偏る。
きちんとバランスを取らないと、自ずと美味しいものが食べられない体になるのは何となくわかっているはずなのに。
そんな自分も、時に甘辛いタレと胡椒が効いた手羽先をつまみながら、友人と大好きな焼酎をあおってしまう。
美味しいものを食べてセロトニンの分泌を増やすことも、立派な健康活動だと呟きながら。


ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP