終の仕事場

思考日記

終の仕事場について考える。
思えば30歳で独立してから好きなことだけを仕事にしてきた。
唯一続いていることが生業であれば、不毛な時間も救われる。
組織ではなく個人。
おそらくこのスタンスは一生変わらない。
と言うより、おそらく変えることができない。
そして今、おとな食堂。
いつまで続けるのか。
製造、物販、飲食、イベント。
いつか集大成となる店をひとつ、水のキレイな場所に作りたいと思う。
そこでは時間がゆっくりと流れ、ご縁のある人たちの笑顔が咲く。
そこが終の仕事場になるのだろうか。
否。
活字の世界に埋もれて生きていけるなら、その殻に閉じこもる自分もいる。
まだまだ手探りの日々が続く。


ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP