美味しくするコツがわかる!ポテトサラダ

腸活・免疫力アップ

メークインを使った口当たりがとてもなめらかなポテトサラダです。

材料と作り方(3人分)

【材料】
・メークイン:200g
・卵:1個
・玉ねぎ:30g
・きゅうり:20g
・マヨネーズ:大4(48g)

A.甘酢(まぜておく)
・純米酢:大1/2(7.5g)
・粗糖:小2(6g)

【作り方】

手順①
じゃがいもの皮に切り込みを入れる。
卵の底を軽くたたいて少しヒビを入れる。
鍋にじゃがいもと卵を入れて、浸かるまで水を注ぎ火をつける。
沸騰してから、卵は13分間、じゃがいもは20分間茹でる。

手順②
玉ねぎをスライスし、バットに広げて15分以上置き、辛味を抜く。
きゅうりの皮をむき、スライスして軽く塩を揉み込み、15分以上置き、水抜きをする。

手順③
茹でた卵の皮をむき、粗みじん切りにする。
きゅうりを水洗いして、ペーパーで水気をふきとる。
茹でたじゃがいもの皮をむき、ボウルに入れて、マッシャーでつぶし、温かいうちに甘酢を混ぜて下味をつける。

じゃがいもに下味をつけることが、深みのある味に仕上げるポイントです。


手順④
③のボウルに、ゆで卵、玉ねぎ、きゅうりを加えて全体を和え、最後にマヨネーズを加えて全体に味をなじませる。

ポテトサラダの主な栄養

【じゃがいも】
ビタミンC→風邪予防、美肌、血管強化
食物繊維→整腸
カリウム→余分な塩分の排出をサポート

【卵】
準完全栄養食品 食物繊維とビタミンC以外、すべての栄養素を含んでいる。

【玉ねぎ】
ビタミンC→風邪予防、美肌、血管強化 アリシン→血液サラサラ

使用している主な食品・調味料

・越前小京都の有機純米酢(創健社)
・さらさら粗糖(創健社)
・有精卵のマヨネーズ(創健社)

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP