落ち着く場所

思考日記

本屋が好きで。
時間ができるとすぐに本屋へ行きたくなる。
様々なジャンルの表題やコピーが目に飛び込み、想像が膨らむことが楽しく、知識不足を補いながら頭を整理する場として活用できるのも嬉しい。
要するに少しでも頭の中の不安材料を取り除いて落ち着きたいのだ。
今日も朝から本屋で過ごす中、ふと食の概念を説いた本が目に付いた。
このような難しい本を読めば、食の理解者であることの証明になるのだろうか。
そんなことを思いながら、パラパラと本をめくるが・・・さっぱりわからん。
本屋は伝える側としてどうあるべきかを気付かせてくれる場所でもあった。
そして本屋の窓に西日が差し掛かった頃。
頭の中のごみ箱が空っぽになると、呼応するようにお腹がぐぅと鳴った。
今日の晩ごはんは何だろう。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP