ウスターソース

おすすめ食品レビュー

追いがけソースとして、料理のコク出しに少量加えるだけで、味がグッと引き締まります。

ソースはウスター派?それとも中濃派?
料理によって使い分けている方もいると思いますが、このウスターソースは少量で塩味とコクをしっかり足せるので、味付けが足りない時の「追いがけソース」として使うのがおすすめ。
例えば焼きそばを作る時に、同シリーズの中濃ソースをメインに使用して、仕上がりの味見で少しパンチが足りないなぁと感じた時、このウスターソースを少しかけると味が引き締まります。
また、パスタや煮物のコクを出すときの隠し味としても使えるので、冷蔵庫に1本あると本当に便利です。
味が決まらない時のお助けアイテムとして、ぜひ一度こちらのウスターソースをお試しください。

化学調味料・保存料・着色料無添加

一般的なソースにはアミノ酸やカラメル色素などの添加物が含まれていますが、このウスターソースは味付けに、コスタリカ産の有機黒糖、喜界島の粗糖、旨みのある天日塩などを使用しており、化学調味料・保存料・着色料などは一切使用されていません。

アレルゲン

原材料と栄養成分

【原材料】
野菜・果実(トマト(米国、国産)、りんご、たまねぎ、にんじん、にんにく)、砂糖類(粗糖、黒糖)、醸造酢、食塩、醤油(大豆、小麦を含む)、小麦澱粉、香辛料

【栄養成分表示】(100gあたり)
・エネルギー116kcal
・タンパク質0.8g
・脂質0.2g
・炭水化物27.8g
・食塩相当量8.4g

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP