子供カレールウ甘口

おすすめ食品レビュー

我が家の4歳になる息子も大好きなカレールウです。子供用のカレーで迷ったらこれ一択で良いと思います。

管理栄養士が監修し、子供たちに何度も試食してもらいながら、なんと開発に2年もの歳月を要しているそうで。
それだけでも試す価値はあると思います。
子供用のカレーを選ぶとき、味はもちろんのことやはり気になるのは栄養や材料のこと。
こちらのカレールウは子供の成長に合わせて不足しがちなカルシウム・鉄分・食物繊維がきちんと補給できるように、小松菜の1.7倍のカルシウムを含む国内産の桑の葉粉や、国内産の大豆粉、ひじき粉などが入っています。
ただ、栄養がたっぷりということは、子供が嫌う野菜の苦みや香りにクセがあるのでは?と、つい疑ってしまいがちですが、その点も問題ありません。
辛みのないスパイスとりんご果汁がうまくマッチして、子供だけでなくなんなら大人も!?食欲が増す風味に仕上っています。
化学調味料、酸味料、着色料、香料などもすべて不使用で、植物素材100%の安心カレールウ。
お好みの食材を盛り込んで、お子さまがおかわりするカレーをたくさんたくさん作ってあげてください。

アレルゲン

原材料と栄養成分

原材料:植物油脂(パーム油、菜種油)(国内製造)、小麦粉、大豆粉、砂糖、カレー粉、食塩、桑の葉粉、酵母エキス、りんご果汁、粉末醤油、ひじき粉、トマトパウダー
内容量:110g(5皿分)

栄養成分表示(ルウ22g(1皿分)あたり)

エネルギー102kcal
タンパク質 3.0g
脂質 6.0g
炭水化物10.0g
-糖質 8.0g
-食物繊維 2.0g
食塩相当量 1.6g
カルシウム 36mg
0.7mg

召し上がり方・使い方

1.鍋に植物油を熱し、お好みの具材を一口大に切ってよく炒めます。
2.水3カップ(600ml)を加え、沸騰したらあくを取り、具材がやわらかくなるまで約15分~20分中弱火で煮込みます。
3.いったん火を止めて本品を入れ、よく溶かし込んで下さい。
4.再度とろ火で煮込んで出来上がりです。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP