コーンクリームシチューフレーク

おすすめ食品レビュー

動物性油脂不使用の、子供から大人まで楽しめるあっさりシチューです。

おとな食堂では、時短に役立つ食品選びの基準として、まずはじめに安心できる油が使用されているかを確認します。
私自身が遺伝的に脂質異常症になりやすい体質であるということもありますが、食べ物からとる油は血液の質や血管の老化に関わりますので、年齢を重ねるうえで極力リスクを避けるように対処しなくてはいけません。
特に市販のレトルト食品やルウの多くは、動物性油脂の他、遺伝子組み換え原料を主体としたトランス脂肪酸の多い油が多用されているので、その点を注視してカラダへのリスクが少ない原材料のモノを選んでオススメしています。
こちらのコーンクリームシチューフレークもその一つ。
ミルクパウダーを使用しているのでプラントベースではありませんが、シチュー系の定番材料である動物性油脂やブイヨンなどは一切使われていません。
かといって味に深みがないわけではなく、ミルクパウダーの他、遺伝子組み換えでないとうもろこしを原料としたコーンパウダーやてんさい糖が、ほど良いコクと甘みを生み出しています。
ちなみに1皿分のルウの糖質は8.7g。
小麦主体の製品としてはかなり低いので、こちらのルウを使って野菜たっぷりのシチューを作ればしっかり食べてきれいにやせる「ゆる糖質制限」のメニューとしても活用できます。

コーンクリームシチューの作り方

【8皿分】
1.鍋に植物油を熱し、一口大に切った具材をこがさない程度に炒めます。
2.水1.2リットル(6カップ)を加え、沸騰したらあくを取り、具材がやわらかくなるまで約15分〜20分、中火で煮込みます。
※水6カップ中、半分(3カップ)を豆乳に変えると、よりコクのあるシチューができます(この場合、8gほど糖質が増えます。)
3.いったん火を止めて本品を入れ、よく溶かし込んで下さい。
4.再度とろ火で煮込んで出来上がりです。

アレルゲン

原材料

小麦粉(小麦(国産))、植物油脂(有機べに花油、パーム油)、粉乳(脱脂・全脂)、食塩、コーンパウダー、酵母エキス、オニオンパウダー、砂糖

アレルゲン(28品目)

乳成分 / 小麦

分析データ

(財)日本食品分析センター ルウ22.5g(1皿分)あたり

エネルギー115kcal
たんぱく質2.9g
脂質7.0g
炭水化物10.1g
食塩相当量1.4g
この表示値は、目安です。
※具材・お好みで加えた牛乳などは含みません。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP