花粉症を改善するおすすめ食材3選!自然な方法で症状を軽減しよう

カラダコラム

春が近づくと花粉症でくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状に悩む方も多いことでしょう。そこで今回は、花粉症の改善に役立つ食材を3つご紹介します。

おすすめ①|オメガ3脂肪酸が豊富な魚

オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用があり、花粉症の症状を緩和する効果が期待できます。
オメガ3脂肪酸が多いおすすめの食べ物は、サケ、マグロ、イワシ、サバなどの青魚
これらの魚を週に2〜3回食べることで、花粉症の症状を和らげる効果があります。
また、オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする働きもあるため、心臓病や脳卒中の予防にも役立ちます。

ただし、青魚のオメガ3を効率よくとるためには注意点がひとつ。
それは、缶詰又は刺身で食べること。
オメガ3は熱に弱い性質で、加熱された食べ物からは効率よくとることが出来ません。
しかし缶詰の場合は、真空状態で調理されることで、青魚に含まれるオメガ3が空気に触れず酸化しないので、丸ごと取ることができます。

イチ推しのサバ缶はコチラ
https://otonashokudo.jp/2022/10/15/sample-post4/
おすすめ②| ビタミンCが豊富な野菜と果物

ビタミンCは、抗酸化作用や免疫機能の強化が期待できる栄養素です。
ビタミンCが豊富なおすすめの野菜や果物は、レモン、オレンジ、キウイフルーツ、パプリカ、ブロッコリーなど。
ビタミンCは、花粉症による鼻炎やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を軽減する効果があります。
中でもブロッコリーやパプリカは野菜の中でも一番ビタミンCが多いので、ぜひ取り入れましょう。

おすすめ③|発酵食品

発酵食品には、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。
腸内環境を整えることは免疫力を高めることに繋がり、花粉症の症状を緩和する効果が期待できます。
納豆、キムチ、味噌、ヨーグルトなどの発酵食品を日常的に摂取することで、腸内環境を整えて免疫力を上げましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した食材は、花粉症の症状を緩和するだけでなく、健康にも良い影響を与える栄養素が豊富に含まれています。
これらの食材を積極的に取り入れることで、体調を整えるとともに、花粉症の症状を緩和し、快適な春を過ごすことができるでしょう。

また、食事だけでなく、十分な睡眠や適度な運動、ストレスの軽減も花粉症の症状改善に役立ちます。
バランスの良い食事と健康的な生活習慣を継続することで、花粉症と上手に付き合いながら、素晴らしい春の日々を楽しみましょう。

私自身も以前は花粉症でしたが、食生活を見直すことで改善しました。その要点ををまとめた著書もありますので、ぜひご覧ください。

超効果て・き・め・ん!!花粉症の予防&改善メソッド(インテルフィン)
ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP