花粉症を悪化させる食べ物があるって本当!?

カラダコラム

実は様々な種類の花粉に対して、それぞれのアレルゲンと構造が似ている野菜や食べ物があることが報告されています。花粉症の方は食べ物にも注意を払いましょう。

花粉食物アレルギーってナニ!?

口腔アレルギー症候群の一種で、花粉のアレルゲンと似た構造の野菜や果物を食べた時に、体の免疫機能が花粉と間違えて口腔内で交差反応と呼ばれるアレルギー反応を起こすこと。
交差反応を起こす可能性がある食べ物を口に入れると、唇、舌、口腔内、のどなどに、かゆみ、痛み、不快感、刺激、腫れなどの症状が出ます。
個人差があり関連食材を食べても症状が出ない人もいますが、呼吸困難やアナフィラキシーショックを起こした例もあるので、花粉症を改善するまではそれらの食べ物を避けることが賢明です。

特に注意したい食べ物は「トマト」

花粉とアレルゲン構造が似ている代表的な食べものが「トマト」
特に、スギやヒノキ花粉症の方は注意してください。
スギやヒノキ花粉症の人がトマトを食べると、のどの痛みや唇の腫れなど交差反応を起こす可能性があります。

花粉症と食べ物の関連性について

スギやヒノキ以外にも様々な花粉がありますが、それぞれの花粉に類似アレルゲンが報告されている食べ物がありますので、参考にしてください。
トマトは様々な花粉と類似したアレルゲン構造を持っていることが良くわかります。

【ブナ目(カバノキ科)】:飛散時期1月~6月
《シラカンバ》
リンゴ、桃、梨、洋ナシ、すもも、アンズ、さくらんぼ、イチゴ、キウイ、オレンジ、メロン、セロリ、人参、じゃがいも、パプリカ、唐辛子、マスタード、アーモンド、ココナッツ、ピーナッツ、胡桃、
《ハンノキ》
リンゴ、桃、梨、さくらんぼ、イチゴ、メロン、スイカ、キウイ、オレンジ、マンゴー、アボカド
人参、セロリ、じゃがいも、トマト、きゅうり、ゴボウ、山芋、大豆(豆乳)

【マツ(ヒノキ科)】:飛散時期2月~5月
《スギ・ヒノキ》
トマト

【イネ目(イネ科)】:飛散時期4月~10月
《カモガヤ・オオアワガエリ》
メロン、スイカ、オレンジ、キウイ、セロリ、トマト、じゃがいも、玉ねぎ、米、小麦

【キク目(キク科)】:飛散時期7月~11月
《ヨモギ》
キウイ、栗、人参、じゃがいも、トマト、セロリ、レタス、マスタード、クミン、ひまわりの種、ピーナッツ、ピスタチオ、コリアンダー、クミン
《ブタクサ》
メロン、スイカ、オレンジ、キウイ、セロリ、トマト、じゃがいも、玉ねぎ、米、小麦

花粉食物アレルギーに対策法はあるの!?

花粉症と交差反応を起こす可能性がある食べ物は、加熱することで症状が和らぐことがあります。
ただし、症状がひどい場合は対象となる食べ物を避けるように心がけましょう。

花粉症の時期はヒスタミンにも要注意

花粉症の時期は、食べ物に含まれるヒスタミンにも注意が必要です。
花粉症の人はヒスタミンを多く含む食べ物の接種をなるべく控えましょう。

ヒスタミンとは
くしゃみや鼻水など、花粉症の症状を起こす原因物質で、様々な食べ物の中に含まれています。
花粉が体内に入ると肥満細胞内のヒスタミンが活性化し、鼻の神経や血管を刺激して、くしゃみ、鼻水、まぶたの腫れなどの症状が出ます。

ヒスタミンの多い食べ物は?
・赤身魚(マグロ、カツオ、サバ・イワシ・アジ・サンマ)
・醸造酒(ビール・ワイン)
・発酵食品(味噌、醤油、チーズ
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)
・野菜(トマト、茄子、長芋、竹の子)
・果物(アボカド、バナナ、パイナップル、キウイ)
・その他(チョコレート)

まとめ

花粉全般と交差反応のある代表的な食べ物は「トマト」
スギ・ヒノキ以外の花粉全般に注意したい野菜は、「セロリ・じゃがいも」
スギ・ヒノキ以外の花粉全般に注意したい果物は、「キウイ・オレンジ」
加熱することで症状が和らぐことがある。

トマトとキウイは交差反応の可能性だけでなく、ヒスタミンも多く含まれているので花粉症との相性は良くありません。心当たりのある方は注意して欲しいのですが、現状において特定の食べ物で花粉症に似た症状が出ないのであれば心配いりません。

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP