山芋入りお好み焼きミックス

おすすめ食品レビュー

ふわりと仕上がる、胃腸にやさしいお好み焼き粉です。

こちらは国産原材料100%で作った、動物性原料を一切使用していない「プラントベース」のお好み焼き粉。
国産の小麦粉に合わせて、石川県産の山芋粉がたっぷり入っているのでふんわりと仕上がります。
お好み焼きというとどうしても小麦製品のリスクが気になるところですが、山芋のねばりは腸内で糖質の吸収をゆるやかにしてくれますし、定番具材のキャベツには、キャベジン(ビタミンU)と呼ばれる胃腸を守る成分や抗酸化力の強いビタミンCが豊富。
他にもキノコ類やオクラなど、小麦との相性を考えて血糖値のリスクを下げる具材を選ぶことで、立派な栄養食品になり得ますので、その点をうまく取り入れながら年配の方も安心してお好み焼きを楽しんでください。

お好み焼きの作り方

【用意する材料】(直径約15cm/1枚分)
・本品1/4袋(50g)
・水:80ml(卵1個を使う場合は30ml)
・刻みキャベツ:80g
・植物油:適量
※その他お好みの具材

1、キャベツを千切りに刻んでおく。
2、ボールに1と本品1/4袋(50g)、お好みの具材、水を入れ箸でよく混ぜる。
3、ホットプレート又はフライパンに油をひき、2を流し入れ、ふたをして中弱火で軽く焦げ目がつくまで5分程焼く。
4、裏返して、反対側も同様に焼き、最後はふたを取って少し水分を飛ばして出来上がり。
5、焼き上がったらお好みで、ソースやマヨネーズなどを塗り、青のり、紅しょうが、かつお節などをかけてお召し上がり下さい。

アレルゲン
原材料

原材料:小麦粉(小麦(国産))、小麦澱粉、山芋粉、昆布粉末

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP